ヘッダー menu

デッキを囲む家

竣  工: 2016年
延床面積: 245.28㎡
構  造: 木造2階建

  •   山脈の様に凹凸のあるスカイライン、植栽が顔を出すアプローチ及び外壁にある木製ルーバーが外観の特徴となる住宅です。 ルーバーの横から屋根の掛かったアプローチを通り、内部へと入ります。外部からのプライバシーを確保し、一体の広い空間という施主からの要求により、 木製ルーバーで囲まれた中庭を設け、その中庭に面して室を配置するかたちとしました。生活の中心となるLDKと、客間を向かい合う形でデッキを囲むように配置しています。 客間は畳の間とし、LDKよりも床の高さを40cm高くすることで、畳に座った時とLDKでソファーに座った時の目線の高さを合わせ、デッキを含めた光と風が通り一体的で気持ちの良い空間となりました。